老犬ファイトっ!

愛犬が長生きするための情報サイト

header2

老犬の介護

老犬の介護 最後まで看取ってあげる為の備えと心構え

犬の寿命は10年から15年ほど、初めて仔犬を迎えたときにはまだまだ先のことと思っていた最後の時も、あっという間に訪れてしまいます。人間と同じで、犬も年を重ね介護が必要になることもあります。人間でも動物でも「介護」というのは看る側の負担がとても大きくなります。愛犬がシニア期に入ったら少しだけ、最期の時のこと、介護のことを考えてみませんか?

 老犬の介護

愛犬を愛する飼い主さんの全てが願うことは
「定められた寿命を、大きな病気もなく、痛みや苦しみもなく、最期は穏やかに看取ってあげたい」ということだと思います。犬にとってももちろん、痛みや苦しみがなく老犬になっても大好きな飼い主さんのそばで美味しいものを食べて、最期まで自分の足で歩き、眠るように旅立てることはとても幸せなことです。
動物医療の進歩や健康的な食生活、適切な飼育環境のもと犬の寿命は長くなっている一方で「愛犬の介護」を経験する飼い主さんがとても多くなりました。

犬の介護とは

足腰の衰え

自力の歩行が困難になり、歩行の補助、排泄の補助が必要な状態の介護です。歩行補助のハーネスなどを使って飼い主さんが衰えた足の代わりになって歩かせてあげる状態です。
自力での歩行や排泄が困難なため、犬の行動が大きく制御されます。前足だけを使って動けるような場合でも、立ち上がって排泄が出来なければ介護用おむつの着用が必要になります。また、不自由になった身体を引きずって動くため、被毛が擦り切れたり皮膚へのダメージもおこります。
長時間のお留守番はさせられず、基本的には飼い主さんが付ききりになります。

給餌

さまざまな傷病の影響で自力で食事ができない状態です。飲みこみやすく消化しやすい体調に合わせた、介護食や流動食などを飼い主さんが給餌してあげなくてはいけません。

視力の低下

加齢と共に視力が低下し失明してしまうこともあります。家具の場所を固定し犬が過ごしやすい環境を整えてあげる必要があります。

病気の治療
さまざまな病気の治療には、入院、通院、投薬、治療、看病などが必要になります。
飼い主さんが飲み薬を飲ませたり、体調管理、食事管理などが必要です。

認知症

同じ場所をクルクル回り続けたり、突然吠えたり、落ち着きが無くなったり多くの症状があらわれ、脱走などにも注意が必要な状態です。基本的にはいつも目の届くところに飼い主さんがいられる環境が必要になります。

このようにさまざまな介護の状態になることがあります。

 愛犬の最後を看取ってあげるために

犬は飼い主さんのことが大好きです。世界中で飼い主さん、家族が一番大切な存在です。
どんな状態になっても、病気で苦しい思いをしても、思うように身体が動かせなくても、飼い主さんのそばにいられるだけで、大きな喜びを感じ安心して過ごすことができます。
犬にとって、飼い主さんの声は心を落ちつかせ、優しく撫でてくれる手は身体を癒してくれる魔法です。
可哀想で見ていられないと目をそらしたくなる辛い状態もあるかもしれませんが、どんな時でも愛犬は飼い主さんから声をかけられ、撫でてもらえることが一番の喜びであることを理解して愛犬の衰えが見え始めたら少しずつ心構えを始めましょう。

時間、費用の確保

一人暮らしの飼い主さんが、仕事や生活の時間を割いて愛犬の介護をすることはとても難しく大きな負担になります。
少しでも長く一緒に過ごせる時間を作ることも大切ですが、介護状態になった愛犬のお世話をしてくれるパートナーが必要です。
家族や友人にお願いできるよう頼んでおいたり、ペットシッターなどを利用して飼い主さんがお世話できない間愛犬を看てくれるパートナーを探しましょう。

病気の治療を含む介護状態の場合、その費用も大きな負担になります。
人間のように健康保険などがありませんから医療費は全額飼い主さんの負担です。病状や治療期間によってはとても高額な医療費がかかるケースが多くなります。
近年ペットの医療保険が注目されています。
医療の進歩で、さまざまな治療を受けられるようになりましたが、その費用は高額になりつつあります。そんな医療費をカバーしてくれるペット医療保険の検討はいざという時の備えになります。

 信頼できる獣医師との連携

健康な時は、予防接種や定期検診だけしか動物病院を訪れることもないと思いますが、犬を飼い始めたら、なんでも相談できる信頼できる獣医師を見つけておくことをお勧めします。
飼い主さんにも大きな負担となる老犬の介護や治療には、専門家のアドバイスやサポートが大きな支えになります。
万が一の時に駆け込める病院は自宅から車で30分以内のところに、2つは見つけておきましょう。
診療時間と休診日が異なる病院を2つ選び、愛犬がシニア期に入ったら定期的に健康チェックに連れて行き愛犬の身体の状態を把握しておいてもらうことで、小さな変化も気が付いてもらえることがあります。
元気なのに病院へいくの?と思われるかもしれませんが、健康な身体の状態と病気の時の身体の状態を比較できることは、適切な治療を受けるためにはとても重要なことです。
体重を計りに行く、全身を触ってチェックしてもらうだけでも気軽に行ける病院を見つけましょう。

必ずやってくる愛犬の老い。
介護や治療、最期の時のこと、考えるだけで悲しくなってしまいますが、大切な家族のためにもできる備えをして、安心して愛犬と向き合うことができる環境をつくってあげたいですね。

-老犬の介護