老犬ファイトっ!

愛犬が長生きするための情報サイト

header2

老犬の介護

足腰が弱ってきた愛犬のサポートをしてくれる介護グッズ

愛犬も加齢とともに足腰がだんだん弱ってきます。人間と同じように高齢になってくると立ち上がりの動作が遅くなったり、
走ることが少なくなったり、歩くスピードがゆっくりになったりします。犬にとって自分の足で歩けるということは、健康で長生きするためには欠かせないことです。
飼い主さんの負担も少なく、愛犬の足腰をサポートしてくれる便利な介護グッズをご紹介します。

足腰が弱った愛犬のサポートグッズ

室内でのサポート

・ステップ
・スロープ
足腰が弱ってくると今までと同じように段差の上り下りが大きな負担になり老犬になるとソファーから飛び下りた拍子に骨折をしてしまうこともあります。
健康な若い犬でも段差の上り下りは足腰への負担が大きいので注意が必要ですが、愛犬の足腰が弱ってきたら、室内用のステップやスロープなどを使って補助してあげましょう。

同じように車の乗り降りにもペット用スロープなどを使って補助してあげると負担が少なくなります。

歩行補助

・歩行補助ハーネス
さまざまなタイプのものがありますので愛犬の状態に合わせて選ぶことができます。
全身を包むように着用するハーネスタイプは飼い主さんが持ち手をとって補助することができます。
全身用、前足用、後ろ足用などがあります。
起き上がりが大変そうな犬の場合には起き上がりを補助するタイプのハーネスもあります。
とくに大型犬種の場合には、飼い主さんが犬を抱き上げたりおこしたりするだけでもかなりの力を必要とします。
ですがハーネスを利用すると、少しの力で犬が起き上がったり歩いたりするための補助ができるのでお勧めです。

肉球の保護、立ち上がりの補助

・犬用ソックス
・ドッグブーツ
・ドッグシューズ
足腰が弱ってきた犬の足元の補助をしてくれるグッズです。足腰が弱ってくると立ち上がりにうまく力が入れられなくなり、滑ってしまいます。
滑り止め加工がしてあるソックスや靴を履かせることで、グリップがきいてたちあ上がりの時に力を入れやすくなります。
また、肉球の保護にもなります。
足を引きずって歩いてしまう場合や、地面に足を付いた時のクッションの役割をしてくれるのでとても便利です。
犬は靴をはく習慣はありませんので、使用するためには練習が必要です。

関節の保護

・介護用関節サポーター
足腰が弱ってきた愛犬の関節を守ってくれるサポーターです。足の関節におこりやすい床ずれの予防、冷えから関節を守ってくれる便利グッズです。

犬用車いす

オーダーメイドで愛犬にぴったりの車いすを作ることができます。上手に使いこなせるまでには練習が必要ですが、ハーネスとは違い車いすは犬が自由に動き回ることができます。

愛犬を寝たきりにさせないために

足腰が弱ってくると犬も身体を動かすことが少なくなってきます。運動不足になり、筋力が低下し、なにもしなければ少しずつ寝たきりの状態になってしまいます。
犬は立ち上がり、歩き足を動かすことで身体全身のさまざまな神経伝達を行っています。足腰が弱ってきたから可哀想だから歩かせない。という飼い主さんもいらっしゃいますが愛犬の身体の老いのスピードを速めてしまうだけでなく、免疫力も下がりさまざまな病気にもかかりやすくなります。
飼い主さんの負担を少なく、無理がなく愛犬を歩かせ適度な運動をさせてあげることは、足腰が弱ってきたからこそ、とても重要な運動になります。
便利グッズなどを使って、愛犬の健康管理に役立ててください。
歩行に痛みがある時には、老化による足腰の衰えだけではなく関節などに炎症があったりその他の病気が原因で歩行がしづらくなっている場合もありますので、全身のチェックや定期的な健康診断は必ず行いましょう。

愛犬の足腰が弱ってきたら

プール

足腰が弱ってきた愛犬の健康管理のためになにか良い運動はないか?と探されている飼い主さんは多いと思いますが、お勧めなのはドッグプールです。
水中で足腰への負担は少なく、十分な全身運動をさせることができます。
筋力の衰えでも足腰は弱ってきますので、ドッグプールでのトレーニングは筋力低下の予防にもなります。

マッサージ

ドッグマッサージは痛みの緩和、ヒーリング効果、整体効果が高く足腰が弱ってきた愛犬にお勧めです。
足腰だけでなく、全身の血流を良くし老廃物を排出させ免疫力アップにも繋がります。
また、全身のブラッシングでもマッサージ効果、血流促進になりますので自宅でも簡単にケアすることができます。

愛犬がシニア期に入ったら

小型、中型犬種は7歳からシニア期にはいります。大型犬種では6歳からシニア期に入るといわれています。
日頃の様子や、身体の様子など、シニア期に入ったからといってすぐに大きな変化があるわけではありません。
ですが、さまざまな身体の変化があり老化と共に発症率が上がる病気もあります。
足腰の衰えも、少しずつではありますがあらわれてきます。
日頃から十分な運動、バランスのとれた食事で健康管理をすることはとても大切です。
そして、シニア期に入ってきたらそれまでよりも、愛犬の行動や身体の小さな変化に注意してあげましょう。

いつまでも健康に、愛犬が自分の足で歩けるように健康管理、
補助グッズを活用してシニア期に入っても、足腰が衰えてきても愛犬に楽しい時間を作ってあげましょう。

-老犬の介護