老犬ファイトっ!

愛犬が長生きするための情報サイト

header2

老犬の病気

老犬のかさぶたの原因は?皮膚病?何か良いシャンプーは?

犬の皮膚はデリケートで皮膚のトラブルも多いといわれています。

特に高齢になってくるとその傾向も顕著。かさぶたに悩まされる飼い主さんも多いようです。

ここでは犬にかさぶたができる原因と、改善方法、犬の皮膚病についてご紹介します。

犬のかさぶたは剥がさないで

犬の身体にかさぶたを発見した時、カサカサに乾燥しているし痒がっているからと剥がすのはやめましょう。

かさぶたは炎症をおこした皮膚を守るために自然にできた保護シートのようなものです。

かさぶたの皮膚組織が治癒すると自然と取れます。

無理にはがしてしまうと治りかけた傷口から細菌感染したり出血したりしてしまい治りが遅くなってしまいます。

犬が激しく搔きむしってしまうのも、できるだけさせないようにした方が良いでしょう。

怪我によるかさぶたなのか、フケがかさぶたのようになってポロポロと落ちてくるのか、

皮膚のトラブルによるかさぶたなのか判断が難しい場合があります。

犬のかさぶたの原因は?

犬にかさぶたができる原因として多い原因をご紹介します。
・膿皮症
皮膚が化膿し激しいかゆみがあります。

免疫力が低下している時に毛穴や傷口からブドウ球菌入り感染による皮膚病の1つです。

健康な状態であれば感染はしませんが、

免疫力が低下していると普段皮膚にあるブドウ球菌が異常な繁殖をし、

皮膚病の原因となる化膿を引きおこしてしまいます。

かさぶたが剥がれ落ちる時に被毛も抜け落ちることもあります。

疥癬(かいせん)

ヒゼンダニの寄生により激しいかゆみがあり、

掻きむしることで皮膚が傷つき傷口の炎症が広がってしまいます。

外傷

皮膚の怪我が治り始めるとカサカサとしたかさぶたが剥がれることがあります。

傷口がジュクジュクしたり舐めたりひっかいてしまうと、

傷口から細菌感染し重症化してしまうこともあります。

かさぶたができたら

身体のどの部分にかさぶたができているのか、全身をくまなくチェックしましょう。

また、かさぶたが剥がれている場所の被毛が抜け落ちていないか、

出血をともなっていないかも確認しましょう。

さまざまな寄生虫による皮膚のトラブルの場合には、

かさぶたの他に全身にフケが多く見られたり、

強いかゆみがあるのが特徴です。

尻尾の付け根や肛門の周り、背中やお腹、耳の中、顔の周り、足など注意して皮膚の状態を確認しましょう。

赤いブツブツとしたかさぶたや、皮膚が固くなっているかさぶたの場合には、

シャンプーをしただけでは効果的な治療はできません。

皮膚トラブルに効果的な治療と予防

犬の身体は被毛に包まれていて、とくに長毛犬種になると皮膚トラブルの発見が遅れることがあります。

日々のブッラッシングや皮膚のチェックをして皮膚の状態を観察するようにしてあげると、

皮膚トラブルがおこったことにすぐに気が付くことができます。

また、皮膚の状態を清潔に保つには程度な期間でシャンプーをすると良いでしょう。

乾燥肌の犬や、もともと皮膚トラブルが多いといわれている犬種は、

薬用のシャンプーや専用シャンプー、マイクロバブルの利用でも皮膚トラブルの予防になります。

寄生虫の予防

犬のかさぶたの原因で多い寄生虫による皮膚のトラブルは未然に防ぐことができる場合もあります。

ノミダニは1年を通していつでも寄生されてしまいます。

日頃から正しい予防を心がけましょう。

動物病院などでは、身体に直接薬液をたらす予防薬を勧められます。

使用上の注意点をしっかり確認して獣医師の指示のもとで利用しましょう。

皮膚トラブルをおこした場合、薬浴も効果的です。

ノミダニなどの寄生や細菌の発生による皮膚のトラブルは、原因の特定と適切な治療が必要です。

必ず動物病院で診察をうけシャンプーや皮膚のケアなど、

獣医師と相談して行うようにしましょう。

-老犬の病気