老犬ファイトっ!

愛犬が長生きするための情報サイト

header2

老犬の病気

老犬の口臭の原因と対策方法は?生臭さを改善するために!

最近愛犬の口臭が気になってきた。特に高齢になるほど犬も口臭がきつくなることが多いです。

この臭いの原因はなんだろう?元気もあるし病気の症状なのか?

と悩まれている飼い主さんに犬の口臭の原因と対策方法をご紹介します。

犬の口臭の原因は?

犬の口臭の原因は口内環境の悪化と、内臓環境の悪化、2つの原因が考えられます。
犬は自ら歯を磨くことはできないのでまったくケアをしてあげない状態では口内環境は年齢とともに悪くなっていきます。
歯石や歯垢がたまり歯肉炎や歯周病になってしまうと口臭が気になるようになります。
生臭い匂いがしてしまう原因は口内で細菌が発生している状態です。

人間の食べ物ばかりを与えていると、口内環境の悪化スピードを加速させてしまうこともあります。
内臓環境の悪化が原因となる口臭はさまざまな病気が隠れている場合があります。
肝臓、腎臓、腸、咽喉、鼻腔の異常が考えられ、癌になっている場合にも口臭が気になる場合もあります。

犬の口臭を防ぐ対処方法とは?

まず、一番大切なのは口内を清潔に保つことです。
口内環境の悪化で口臭がする場合は歯垢や歯石の除去をし歯を健康な状態にすることで口臭を改善することができます。
歯肉炎や歯周病が悪化しすぎてしまうと、手術が必要になってしまう場合もありますので、日頃から歯磨きやデンタルケアをしてあげましょう。

歯や口内環境に異常がない場合は内臓の病気が考えられますので、口臭が気になってきたと感じたら原因を特定するため動物病院で検査をうけさせましょう。
頑固な歯石は歯ブラシでは落とすことができないので、麻酔を使って取り除くことが必要になることもあります。
内臓の病気が原因で口臭がある時には、病気の治療を始める必要があります。

人間の食べ物や、素材の品質が低いフードを与えている場合にも口内環境の悪化や腸内環境の悪化に繋がります。
人間と同じで犬も食べ物の影響を大きくうけます。人間用に調味された食事や品質の低いフードは添加物も多く、
消化吸収が悪く犬にとっては不要な成分を多く摂りこんでしまい腸内環境を崩してしまいます。
犬の身体に必要な栄養バランスの取れた食事を与えましょう。

デンタルケア用グッズ

犬用のデンタルケア用のガム、かじる玩具、サプリなどが売られています。噛むことで歯石の除去や歯を強くする効果があります。
かじる玩具も遊びながら歯のケアをすることができ、サプリメントは日々のご飯に混ぜて食べさせるだけで口内環境を整えてくれる効果があります。

腸内環境を整えるサプリメント

犬用の腸内環境を整えるサプリメントが売られています。
腸の動きを活発にし腸内菌のバランスを整え消化吸収力を高めます。

犬の口臭は健康な状態であればありません。ですから口内に異常がないのに悪臭がする場合には犬の体調がとても崩れていることが考えられます。
天然成分で作られた犬用のサプリメントは免疫力のアップも期待できます。
愛犬の健康管理に取り入れている飼い主さんも多くいます。

犬の歯を守る重要性

動物は「食べること=生きること」です。老犬になって来たから仕方ないと諦めてしまえば愛犬は歯を失い
、食べるものを制限されることになってしまいます。
いつまでも健康な歯を持ち毎日美味しい食事をしっかり噛んで食べられることは、
愛犬の寿命にも大きく影響します。

食べ物が食べられなくなると、犬にとっての大きな喜びがなくなり免疫力も低下しさまざまな病気を引きおこす原因にもなります。
また、犬の口臭は大きな病気のサインの場合があります。
「ちょっと変かな?」と感じたら、症状が悪化する前に必ず病院で診察をうけるようにしましょう。

犬の口臭 小型犬に多い?

小型犬、短頭犬種は大型犬種と比べると小さい口の中に密集して歯が生えています。
歯の隙間が狭く食べかすもたまりやすくなります。
そのため歯石、歯垢もつきやすくなり口内環境の悪化に繋がってしまいます。

また、小型犬種の平均寿命は15年ほどで、
口内環境が悪化した状態で年齢を重ねて行くと唾液の分泌も減り口内がネバネバになってしまいます。
汚れが残り口臭の原因となってしまう傾向があります。

愛犬の歯を守りいつまでも健康に長生きさせてあげるために、犬の口臭の変化に早く気が付いてあげたいですね。

-老犬の病気