老犬ファイトっ!

愛犬が長生きするための情報サイト

header2

老犬の病気

老犬の水の飲みすぎは病気?原因は何?

犬が1日にどのくらいの水分量を必要としているかご存知ですか?
いつもお水を大量に飲んでいるけど、なにか病気なのかと心配になってしまうことがあります。
犬に必要な水分量と、水を飲み過ぎている時に考えられる原因をご紹介していきます。

犬は1日何リットルのお水を飲むの?

犬も暑い日や運動のあと、お散歩のあとや食事のあとにたくさんお水を飲みます。
身体の大きさや体質によっても1日に飲むお水の量は異なります。

・小型犬5キロ未満の犬   150ml~500ml
・中型犬15キロ未満の犬  500ml~1000ml
・大型犬30キロ未満の犬  1000ml~1500ml

あくまでも平均的な水分の摂取量です。
目安としては、体重(グラム)×0.05~0.07(ml)で計算してみると平均的な1日の最低限必要な犬の水分量を計算できます。
最低限の水分量なので、食事内容や運動量で犬によって飲む水の量も変わります。

犬が水を飲み過ぎている原因は?

暑さ

犬が口をあけたまま呼吸が荒く、よだれが大量に出ていたり、
お水を大量に飲んだりしている場合には熱中症の初期症状の場合があります。
口の中が赤くなり苦しく大きな呼吸音になります。
ほおっておくと重度の熱中症になってしまいますので、すぐに身体を冷やし十分に水分をとらせるようにしましょう。
湿度が高く、気温が高い日は短い時間でも熱中症になってしまうこともあります。

腎臓の疾患

大量のお水を飲んで大量の尿が出ている場合、慢性腎不全の初期症状が疑われます。
腎臓の機能の低下で体内に必要な水分を吸収できずたくさん尿が出ます。
そのためたくさんお水を飲むようになります。

糖尿病

犬も糖尿病になります。初期症状として大量のお水を飲むことがあります。
肥満気味の犬や、たくさんご飯を食べているのに痩せてきている犬が大量にお水を飲む原因として糖尿病が疑われます。
血糖値が高くなり血液中の糖分を排出させるためたくさんの尿が出るようになり、たくさんのお水を飲むようになります。

子宮蓄膿症

子宮内で細菌感染をおこし膿がたまってしまう病気でお腹が膨らんだりお水を大量に飲んだりする症状がみられます。
発熱もあり、尿の量も増えます。

皮膚の炎症

ホルモン異常によっておこる皮膚炎も犬がお水をたくさん飲む原因として考えられます。
甲状腺ホルモン量の低下、副腎皮質ホルモンの異常分泌でホルモンバランスが崩れると皮膚炎をおこすことがあります。

食事

ドライフードだけを食べている犬は水分量が多いと言われています。
食事のあとや途中で大量の水を飲んでいると、胃捻転をおこしやすくなります。
あらかじめドライフードをふやかして与えたり、缶詰やスープなどと混ぜて与えたりすると、
食事の時の水分の多飲を防ぐことができます。

犬がお水を大量に飲んでいたら

1日に何度もお水を飲み、その量も多く多尿になっている場合にはさまざまな病気の症状があらわれているかもしれません。
お水を飲む回数と量、尿の回数と量、色、匂いを観察し獣医師に伝え診察をうけさせましょう。
ぐったりしているのにお水だけは大量に飲んでいたり、急激に体重が落ちて痩せてきたりしている場合はすぐに病院に連れて行きましょう。
日々の健康管理は犬の様子をよく観察することが大切です。

一度のたくさんのお水を飲まなくてはいけない環境に置いておくこともお水の飲み過ぎに繋がります。
お留守番や外飼育の場合でもいつでも新鮮なお水が飲める環境を整えてあげましょう。
また、人間用に調味された食事を与えていると一度に飲むお水の量も多くなります。
犬にとって健康的な生活を送らせてあげるためにも、人間の食事を与えることは避けましょう。

-老犬の病気