老犬ファイトっ!

愛犬が長生きするための情報サイト

header2

老犬の病気

老犬の湿疹の原因は?お腹、背中にできたなら

愛犬の身体に湿疹を発見!これなに?病気?なんで湿疹ができちゃうの?

犬に湿疹はなにが原因で出来てしまうのかを知りましょう。

特に犬は高齢になるほど湿疹がおこりやすくなります。

お腹や背中にできた湿疹を見つけたら、どのように対処したら良いかをご紹介します。

犬に多い湿疹の原因とは?

ノミダニなどの寄生

犬の湿疹などの原因として多いのがノミダニなどの寄生です。お腹や背中に寄生しやすく肛門や目の周りにの脱毛や湿疹の原因になります。
赤い湿疹(ブツブツ)ができます。
ノミダニに寄生されると強いかゆみで犬は、皮膚をかいたり噛んだりします。その為、皮膚が傷つき湿疹が広がったり、重度の皮膚炎の原因となります。

アルレギー

食べ物のアレルギーや、花粉、ハウスダストなどのアレルギーで皮膚炎をおこし湿疹などが出る場合があります。

ストレス

過度のストレスで、免疫力や体力の低下で感染症にかかりやすくなり、抜け毛や湿疹の原因となる場合があります。
ストレスで皮膚を噛んだり、毛をむしったりすると皮膚に傷ができてしまい、湿疹ができてしまいます。

遺伝性アトピー

遺伝的な要因が大きいアトピー性皮膚炎です。これは湿疹の他にもかなり強いかゆみがあり、犬が皮膚を搔きむしってしまいます。

犬の皮膚はデリケートで皮膚トラブルが多いといわれています。原因もさまざまで湿疹ができたからと言ってその原因を特定するには見た目だけでは判断できない場合があります。
重症化する前に皮膚に湿疹を発見したら、必ず病院で診察を受けさせましょう。

犬の湿疹を防ぐ方法

犬の皮膚湿疹の原因としてもっとも多いのはノミダニに寄生されてしまうことです。ノミダニを寄せつけない為には日頃から予防をしておくことが大切です。

投薬による予防

動物病院で身体の大きさに合わせた薬をもらって予防することができます。
フロントラインシリーズやマイフリーガードなどが主流です。殺虫効果、防虫効果が高いので多くの飼い主さんが利用していますが、効果が高いため使用には注意が必要です。使用には獣医師から説明を受けるようにしましょう。
薬品に抵抗がある場合は、天然ハーブを使った虫よけスプレーや、天然素材で作られたサプリメントを食べさせて寄生虫を寄せ付けないようにする方法もありますが、投薬よりは防虫効果は低くなります。

ストレスをためない健康的な生活

湿疹をおこしてしまうほどのストレスによる免疫力の低下や体力の低下を防ぐためには健康的な生活をすることが大切です。
栄養バランスのとれる食事、適度な運動、安眠、たっぷりの愛情です。
犬は飼い主さんとの触れ合いをとても大切にします。たくさんの愛情を注いで育てることで犬は大きな喜びを感じ免疫力も高まるります。

アレルギーを知る

食物アレルギーやアトピー性皮膚炎は動物病院で検査して調べることができます。費用は高額になりますが、アレルギーの原因を知り予防することができます。
また、アレルギー体質の犬用のフードもありますので与えてみて湿疹がおさまるようなら食べ物の中にアレルゲンがあったと考えられます。
花粉やハウスダストもアレルギーの原因となりますので、いつも部屋を清潔に保つことも予防に繋がります。

シャンプーで皮膚トラブルの改善

シャンプーは犬の湿疹や皮膚のトラブルを防ぎ改善できる効果があります。
毛についている目に見えないノミダニの駆除や、乾燥肌になりやすいアトピー性皮膚炎の犬にも効果があります。また、血行促進にもなりリラックス効果もあるのでお勧めです。
湿疹の原因が特定できたら、症状に合わせたシャンプーを選びましょう。
動物病院で勧められる薬用シャンプーやアレルギー性皮膚炎の犬用専用シャンプーもあります。
洗いすぎは皮膚トラブルの原因にもなりますので、2週間以上は間隔をあけましょう。

犬の湿疹は飼い主さんが見て原因や適切な治療法を判断するのはとても難しいので、必ず病院で診察を受けるようにしましょう。

-老犬の病気