老犬ファイトっ!

愛犬が長生きするための情報サイト

header2

老犬の病気

老犬の熱中症や夏バテ対策は?おすすめのグッズは?

犬の正しい熱中症対策ができていますか?
最悪の場合は命を奪ってしまう犬の熱中症はとても恐ろしい症状ですが、
飼い主さんの正しい知識で完全に防ぐことができます。
愛犬と暑い夏を楽しく元気に乗りきるための対策と、お勧めのグッズをご紹介します!

お出かけの時の熱中症対策とお勧めグッズ

どのようなグッズを利用しても、犬を車内に残しておくことはとても危険ですので絶対にやめましょう。

エアコンをかけている車の中でも窓際に犬が寝ていればすぐに熱中症になってしまいます。

取り残された犬は窓から飼い主さんの姿を探して強い日差しを浴びてしまいます。

夏のお出かけにはクールベストやクールバンダナを利用しましょう

冷却効果が高い素材のクールベストや首に巻くバンダナは夏のお出かけにはとても便利なグッズです。
水で濡らすことで気化熱を応用し犬の身体を冷やしてすことができるものや、首に巻いて大きな血管を適度に冷やすことで体温の上昇を抑えてくれるものなどがあります。

犬との夏のお出かけ 注意する3つのこと

1、水分補給
犬と出かける時には必ず十分な水分補給ができるようにしましょう。こまめに休憩を取らせしっかりお水を飲ませてください。また、身体が熱くなっている時には水をかけて水分を蒸発させることで温度を下げてあげることができます。

2、時間
犬を長時間日差しの下に置くことはとても危険です。元気に走り回っていても、突然ぐったりしてしまうこともあります。
こまめに日陰やお腹を冷やせるような場所で休憩をさせましょう。

3、温度
どんなに暑さ対策をしていても、真夏の炎天下の中では熱中症の危険が高まりますので外出時の気温や湿度には十分注意しましょう。
犬の体感温度は人間とは大きく異なります。
人間がちょっと暑いなと感じる気温であれば犬にとっては猛暑です。人間が暑くて汗がダラダラになっている気温であれば犬にとっては地獄です。
犬との外出は犬に合わせてあげることが大切です。
また、アスファルトの温度は夕方涼しくなってからも高温になっています。気温が下がって心地良い風があっても、地面から近いところを歩いている犬にとっては快適ではありません。お散歩に行く前に飼い主さんの手や裸足で直接アスファルトに触れて十分に温度が下がっていることを確認しましょう。

お留守番のときの熱中症対策とお勧めグッズ

お勧めの室内暑さ対策グッズ

室内では、クールマットがお勧めです。冷却効果が高く寝ているだけで犬の身体を冷やしてくれます。犬用のベッドなども冷却効果がある素材で作られた物もありますので、おうちの中に犬が自由に身体を冷やせる場所を作ってあげましょう。

室内の温度の調整

直射日光からは逃げることができますが、室内でも熱中症になってしまう危険がありますので空調管理はしっかりと行ってあげましょう。
カーテンをしめてしっかりと日差しを防ぎ、エアコンなどを利用し25℃から28℃を保ち、湿度を50%以下にするようにしましょう。また、ただ室温を下げるだけでなく扇風機などを使って空気の流れを作ってあげましょう。
お留守番の時も同じように環境を整えてあげるようにして、いつでも新鮮なお水が十分に飲めるようにしておきましょう。
ケージなどでお留守番させる場合には、窓際や温度が高くなっている所は避けましょう。

夏バテ防止のお勧めご飯と運動

犬も夏になれば、食欲が落ちたり元気がなくなったり夏バテになってしまうこともあります。夏バテ防止には適度な運動と栄養管理が欠かせません。

犬の夏バテ防止お勧めご飯

・野菜たっぷりのおじや
消化も良く水分も多く摂れるのでちょっと食欲が落ちて来たなという時にお勧めです。ご飯(米)とたっぷり野菜で煮るだけでとても簡単です。※調味料は使用しません。

・お豆腐ときゅうりトマトのトッピング
普段のご飯にトッピングとして乗せてあげましょう。お豆腐を良く食べてくれる犬が多いようですが、お豆腐だけだと偏ってしまいますので、普段のご飯によく混ぜてあげるようにすると良いですね。

ご飯をあげる時に一緒に水分の補給もできるようにドライフードをお水でふやかしてからあげるだけでも効果的です。

犬の夏バテ防止 夏場の運動方法

早朝や夜中にお散歩の時間を変更したり、避暑地へお出かけしたり暑さを逃れて運動量を確保するには工夫が必要です。
さまざまな施設を上手に使って楽しく運動するのもお勧めです。

・室内ドッグラン
空調管理がしっかりされている室内ドッグランは夏場の運動にはとてもありがたい施設です。

・犬専用プール
室内、室外の犬専用プールが日本全国にあります。水の中で身体を動かすことは涼しいのはもちろんですが、たくさんの運動量になるのでお勧めです。

・ペット入場可能施設(屋内)
屋内でペットが入場可能な施設は、涼しくて一緒に歩くだけでも適度な運動になり飼い主さんも楽しめます。

正しい熱中症対策で愛犬を守り、しっかり食事をして、グッズや施設の利用で楽しく健康的に暑い夏を乗りこえて行きましょう!

-老犬の病気