老犬ファイトっ!

愛犬が長生きするための情報サイト

header2

老犬の病気

老犬の皮膚炎の症状と原因は?良いシャンプーはある?

犬は皮膚トラブルが多いといわれています。
特に加齢になるほど、皮膚の状態が悪く成りやすく病気にも。
皮膚炎の初期症状と原因を知って重度の皮膚炎の予防に役立てていただきたいと思います。

犬の皮膚炎の原因

犬が皮膚炎をおこす原因はたくさんありますが、もっとも多いといわれている原因をご紹介します。

・アトピー性皮膚炎
・マラセチア皮膚炎
・ノミ皮膚炎
・ツメダニ皮膚炎
・舐性皮膚炎

原因別に見る犬の皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎

犬がアレルギー物質を体内に入れてしまうことによっておこる皮膚炎です。
アトピー性皮膚炎は顔の周りや結膜、足の付け根、肛門の周り、お腹の周り、耳などに多くみられます。
花粉などのアレルギーの場合には季節で症状があらわれる場合もありますが、
1年を通して皮膚炎をおこした場所は乾燥がみられかゆみがあり、
かきむしってしまったり身体を家具などにこすりつけたりする様子が見られることもあります。
重症化すると、発生場所によっては膿皮症や外耳炎結膜炎などをおこします。

マラセチア皮膚炎

健康な状態であれば犬の身体にいる酵母の一種が原因ですが免疫力の低下や傷、
皮脂腺から分泌される脂質の大量分泌などによって病原体となってしまうことがあると考えられています。
口、耳、尾の付け根、足の付け根などに多くみられます。
被毛がベタベタしてきたりフケが増えたりします。
発疹や脱毛などもあり、脂分が多い分泌物が増え体臭がきつくなることもあります。
耳に発生すると外耳炎を引きおこします。

ノミ皮膚炎

ノミの唾液とノミの糞に対してのアレルギー反応で皮膚炎を引きおこしてしまいます。
ノミに噛まれれすぐに発疹やかゆみなどが現れる場合と、数時間以上たって少しずつ症状が現れる場合と犬の状態によっても異なります。
腰から尻尾にかけて症状が現れやすく発疹、かゆみ、かきむしり、舐める、脱毛などの症状があります。
一度にたくさんのノミに噛まれ吸血されることによって貧血をおこしてしまうこともあります。

ツメダニ皮膚炎

人畜共通感染症の必でもあるツメダニ感染ですが、おもに犬には犬ツメダニの寄生によって皮膚炎を引きおこします。
ツメダニ皮膚炎は大量のフケがでます。
耳の後ろから背中、尾の付け根、内側の足の付け根、お腹、股間に多く発症します。
かゆみで掻きむしるほどフケがボロボロと発生します。

舐性皮膚炎

犬が自分で皮膚を舐め続けることで皮膚炎を引きおこします。指の間や肉球の周り、
前足の甲におおく見られ、赤くただれ毛が抜け落ちてジュクジュクとした皮膚炎です。
皮膚がめくれ骨が見えてしまうほど重症化してしまうことも少なくありません。
まざまざな皮膚炎のかゆみで執拗に舐め続けてしまう場合や、過度のストレス、脳疾患や甲状腺機能の低下でおこると考えられます。

全ての皮膚炎に対してできる予防方法は
・皮膚、被毛を清潔に保つ
・ノミダニの予防
・ストレスなく健康な食生活
・免疫力のアップ
・清潔な飼育環境
です。

犬の皮膚炎にお勧めのシャンプー

原因に合わせた皮膚炎の治療が必要になりますが、シャンプーで皮膚炎の原因を取りのぞいてあげることもとても大切な治療になります。
皮膚炎の原因に合わせたシャンプーが必要になるので、必ず獣医師のアドバイスをもらってからシャンプー選びをしましょう。
動物病院でも症状に合わせたシャンプーを購入できますので是非相談してみて下さい。

性皮膚炎に効果的なシャンプー

皮膚や被毛についたアレルギー物質を洗い流すことで症状の緩和をします。
・アレルギー専用シャンプー
・アトピー性皮膚炎専用シャンプー
・ノルバサンシャンプー
・皮膚炎専用薬用シャンプー
などがあります。天然素材を使ったシャンプーや、殺菌効果、保湿効果があるシャンプーなどさまざまです。
シャンプーのあと乾燥でかゆみが強い場合には保湿剤を使って肌の潤いを保つことでかゆみを抑えることができます。

ペットサロンなどに相談すると、症状に合わせたシャンプーを選んでくれます。
また、マイクロバブルシャンプーで皮膚トラブルの改善ができる場合もありますが、症状によっては逆効果になることもあります。

ノミダニの寄生は症状があるのに寄生虫を発見できない場合もあります。日頃からしっかりと予防を行いノミダニの寄生を防ぎましょう。
また、皮膚に毛にくっついてきたノミダニが部屋のカーペットや布団などに落ちて生息している場合もあります。
つねに飼育環境を清潔に保つことも犬の皮膚炎を防ぐために効果的です。

-老犬の病気