老犬ファイトっ!

愛犬が長生きするための情報サイト

header2

老犬の病気

老犬の耳が臭いのは病気?痒がっているなら

犬の耳のトラブル。愛犬が耳をしきりにかいていることはありませんか?

特に高齢になると耳のニオイがきつくなった?と感じる飼い主さんも多いようです。

耳掃除をしてみたらなんだか臭い。そんな時はどのように対処したら良いのでしょうか?

匂いと痒みの症状が出る原因や考えられる病気をご紹介します。

犬の耳のトラブル 匂いと痒みがある原因は?

犬の耳が臭くかゆみが出ている場合には「外耳炎」が起きていることが考えられます。

外耳炎は強いかゆみを伴い症状が悪化していくほど臭いがきつくなります。

正しい治療を行わずに放置したり完治させないままにしておくと慢性化してしまうこともありますので注意が必要です。

外耳炎が重症化すると犬がかきむしった傷が炎症をおこしたり、

外耳の炎症が耳の奥まで広がり中耳炎、内耳炎を引きおこす原因となってしまいます。

耳道に寄生するミミヒゼンダニの寄生で引きおこされる、外耳の皮膚トラブルや、

細菌感染やマラセチア感染で菌が繁殖することでも炎症をおこし外耳炎の原因となります。

アトピー性皮膚炎や甲状腺機能の低下、

脂漏症などの全身の皮膚トラブルと共に外耳炎を引きおこしてしまう場合もあります。

その他異物(植物の種や虫)の混入、腫瘍の影響などでも外耳炎を引きおこすばあいがあります。

耳のトラブルをおこしやすい犬種

垂れ耳の犬種は耳の通気性が悪くむれやすいため耳のトラブルが多くなります。

こまめな耳の掃除をして清潔に保っていないと細菌や真菌の繁殖が活発になってしまいます。

ダニなどの寄生の場合にも垂れ耳の犬の方が治りにくくなります。

・ミニチュアダックスフンド
・カメリカンコッカースパニエル
・ゴールデンレトリーバー
・ラブラドールレトリーバー
・バセットハウンド
・プードル
・ミニチュアシュナウザー

など、外耳炎は耳が垂れているだけでなく耳道内に被毛が多い犬種に多くみられる症状です。

アメリカンコッカースパニエルは、

他の犬種にはみられない耳道の角化異常がおこり耳道閉塞がおこりやすいといわれています。

外耳炎の症状

頭を頻繁に振ったり後ろ足でしきりに耳をかく行動がみられます。

痒みが強くなると出血をしても耳をかくのをやめません。

ベタベタとした耳垢や黒い粘着質な耳垢がでてとても臭くなります。

炎症が悪化してくると強い痛みがあり耳をかきながら悲鳴をあげる場合もあります。

耳ヒゼンダニが寄生するし感染症をおこすとねっとりとした黒い耳垢が出るのが特徴です。

外耳炎が重症化し耳をかいたり振ったりしていると耳の軟骨が骨折し耳血腫を引きおこす場合もあります。

血腫がふくれあがり立ち耳の犬種でも耳血腫を引きおこしている方の耳だけが垂れ下がったりします。

適切な治療をしないままにしておくと不自然に癒着をおこし耳の形がしわくちゃに変形してしまいます。

外耳炎をの治療と予防

まずは耳垢の検査で原因の特定をします。

細菌感染が判明した場合には、抗生物質の点耳薬や内服薬で治療を行い、

寄生虫の感染症の場合には除虫薬を使用します。

また、治療中はこまめな耳洗浄が必要となります。

動物病院でも耳洗浄をしてくれますが、飼い主が自宅でこまめな耳洗浄や耳掃除をしてあげることが効果的です。

ですが、めん棒などで耳垢を取りのぞく洗浄方法は耳道を傷付けて炎症を悪化させてしまう恐れもあります。

獣医師から正しい耳洗浄の方法を教えてもらうと良いでしょう。

全身の皮膚におこるアトピー性皮膚炎や、

甲状腺機能の低下による外耳炎の場合には治療をおこなっても、

症状が治りづらく長引くことがあります。

その場合には外耳炎以外の病気の症状の治療を優先して行います。

外耳炎を予防するには日頃からノミダニの予防や耳の中を清潔に保つことがもっとも効果的です。

とくに垂れ耳の犬種はこまめな耳洗浄をしてあげましょう。

犬の耳のケアのためのさまざまなグッズも売られているので上手に活用しましょう。

-老犬の病気